完全自社施工は少ない

リフォーム

下請けとの関係性が鍵

長年住んでいる家を住みやすくしたいときや、中古住宅を安く買って住みやすく変えたいときなどに行われるのがリフォームです。リフォームは家の購入、建築同様、かなりの金額が動くものであり、生活の快適さを大きく左右するものであるので、仕組みを知って慎重に選ぶ必要があります。まず知っておくべきなのが、リフォーム工事をすべて自社施工する工務店や業者はほとんどいないということです。なぜかというとリフォームには水回りの工事から外壁工事、内装工事、電気工事など非常に多種多様な工事が含まれており、すべてに精通した職人を雇うのは経営上難しいためです。そのため、よいリフォーム会社というのは、それぞれに精通した下請けを知っていて適切に手配できる会社といえます。ですが下請けが増えるほど中間マージンがとられるので、費用を重視するか信頼性やデザインを重視するかで選び方は異なります。名古屋で探す場合は、名古屋に密着した工務店と全国規模のハウスメーカー系の会社、フランチャイズした会社などが選択肢にのぼるでしょう。大手の方が広告費が高いため、どうしても名古屋に根付いた工務店などはネームバリューなどで不利になります。ですが名古屋で長く営業している工務店などは実は信頼性が高いこともあるので、周りの口コミや直接相談してみたときの雰囲気などで判断してみるとよいでしょう。小回りのよさや費用の安さでは地元密着型の会社に軍配があがります。何を重視するかをまず考えてから幅広く情報を集め、取捨選択していくべきでしょう。